現在の閲覧者数:

2011年03月01日

工学部機械系の紹介

 僕の所属する工学部機械Aは2月中は休みで、今週が試験期間です。
 その試験科目は
月曜:機械力学、流れ学、システム制御、数学
水曜:熱工学、機構学、数学演習、ソフトウェア
木曜:計測の原理
金曜:機械演習、メカトロニクス、機械設計
 なんと12科目もww 試験がきついと言われる工学部の中でも、この科目数は断トツで多いみたい・・・
 1ヶ月勉強してぼちぼちわかってきたような気がします。

 それぞれどんな科目なのか紹介してみます。
・機械力学
教養での力学みたいな感じです。剛体の運動で慣性モーメントとかラグランジュの運動方程式とか振動理論とかが出てきます。
・流れ学
流体力学です。流体の質量保存則とか運動量保存則とか、今までの物理と同じような数値計算なら理解できるのですが、ナビエストークス方程式みたいに微分偏微分のごちゃごちゃしたのになるとお手上げです・・・ ちなみに試験はA4のカンニングペーパー持込可ww
・システム制御
試験が終わっても結局何だったのかよく分からない科目w 制御理論らしい。でもやったのはフーリエ変換・ラプラス変換、伝達関数、ボード線図などなど、数値計算が多い感じ。
・数学
常微分方程式とベクトル解析と変分法。ベクトル解析はgrad,div,rotとか線積分とか面積分とかの微積分。変分法は極値をとる関数を求める手法?みたいな感じ。とりあえず問題の解き方だけ覚えたぐらいw
・熱工学
熱力学です。教養でやったことに加えてガソリンエンジンとかガスタービンとかのサイクルをやったり、工学部らしく効率を求めて改善法を考察したりします。未だに教養の内容もおぼろげな超苦手科目orz
・機構学
ロボットアームの動きを解析するのに使いそうな感じの学問。座標変換とか、加速度がどうとか。加えて、歯車について何時間もかけて語ってましたw
・数学演習
数学の演習です。
・ソフトウェア
C言語のプログラミングです。中盤からわからなくなって、後半理解できませんでした・・・ 2年前半の暇なときにもっとちゃんと勉強しておけばよかったと痛感。
・計測の原理
これもいまいちつかみ所のない科目。計測の原理っぽいことをやるほか、伝達関数を求めたりするのはシステム制御と被ってる。よく分からないもの同士ですねw
・機械演習
設計図書き写したり、アルミ削ったり、はりの曲げ実験や振動の実験をしたりする参加型演習。試験は30分で、半分出来れば優らしいw
・メカトロニクス
交流回路とかオペアンプとかの電気回路系。ここでもまたラプラス変換が登場・・・
・機械設計
一番意味不明な授業。授業のテーマがそれぞれねじ、歯車、軸、ばね、シール・・・などなどひとつのものについて90分間講義するという形。意味不明な上に授業もパワポで集中力皆無。過去問もないので試験がどうなるか未知の世界・・・
・そのほか、材料力学という鋼材ののび・曲げ等の変形についての授業や、生産の技術という授業もありました。

 こうしてみるととことん意味不明な学科みたいですね・・・ でも3年からはスターリングエンジン制作の実験が週4回午後に入ってくるのでましになる?いや、つらくなるのか・・・・・・? 先行きちょっと不安&楽しみです^^
posted by miya at 22:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。