現在の閲覧者数:

2011年03月19日

ガソリン200L

 危険物取扱者乙4類を受けてきました。

 どういう資格かというと、これを持っていると危険物第4類(引火性液体:ガソリン等石油系統、アルコール、動植物油などなど)の取り扱いに立ち会うことが出来たりするようです。一応国家資格!
 機械工学科でガソリン使うこととかあるかなーとか思っていたのですが、この資格が必要なのは指定数量以上を扱う時だけみたい。ガソリンの場合200L以上、料理用油は10,000L以上。工場かガソリンスタンドで働かないと役立ちそうにないですねw

 試験内容はというとひたすら暗記ゲー。建物の種類が十いくつかあって、それぞれについて決められている制約をひたすら覚えるという。あとは理系にとっては超絶簡単な化学と物理、あとは消火の知識ぐらい。
 全勉強時間20時間ぐらい。うまくやればもっと短くても合格しそうです。

 消防署の試験場で試験があるのですが、試験中に消防隊員へ向けたものと思われる放送が試験室にも流れてましたw
 試験自体は30分程度で解き終わるのに試験開始後1時間10分経過するまで退出できない監禁試験でしたw

 不満なのがお金がなにげにかかること。受験料3400円でそこまで高くないと思いきや、免状の発行手数料2800円、さらには免状交付申請をするために現金書留と簡易書留の送料まで負担しなければいけないらしい。結局7000円近くかかりそうです。

 試験は月に2回ぐらいの高頻度で行われているので暇な人は受けてみてはいかがでしょうか?w
posted by miya at 22:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。